トップ
水なす
たけのこ
塩ふき昆布
注文方法
水なす漬 4月から10月まで 筍の朝掘り 3月後期〜5月初旬まで 筍 瓶入り 年中販売
特定商取引
プライバシーポリシー
お問合せ
 
  商品購入へ
   
 

 

「こんなにうまい漬物を地元だけで食べていていいの
だろうか?」
と ふと思って全国の方々のご家庭の食卓に、また
日頃の感謝の気持ちを贈答品にしていただけるよう、

泉州特産水なす漬の産地直送便として始めました。

今では「今年の出来ばえはどうですか?」と

問い合わせが来るまでになりました。

意外と知らない?!おいしい水なすの食べ方 詳しくはこちら
 
和田福の水なすの特徴
  和田福の水なす 和田福では大きさ・ツヤ・重さなどを確かな「目」と
「手」で毎朝限られた数を厳選し納得のいく「水なす」をその日のうちに丸のまま秘伝の方法で「ぬか床」へ漬け込こんでいます。
また、「水なす」作りは「土づくり」も大切で効果的にするため肥料はすべて有機肥料にもこだわっています。
「水なす」がさらに美味しくなるよう磨きをかけているのです。
そのすべては食べて納得です。
自然の恵みをいっぱいに受け、愛情を込めて大切に
育て上げた『和田福の水なす漬』を是非一度ご賞味くださいませ。
水なすの誕生
  「水なす」の栽培は、江戸時代初期に和泉の国、
上之郷村(現在の大阪府泉佐野市上之郷近辺)で
始まったと伝えられています。


関西地方では、その美味しさに定評のある「水なす」ですが、全国的には知名度はいまひとつでした。


しかし、数年前より全国的に人気が上がり、京都の料亭や
東京のお寿司屋さんなどにも出されるようになり一躍人気が
高まってきています。


「水なす」は、皮が非常にやわらかく、生で食べられるほど
にアクが少なく、口の中に入れると皮のしょっぱさと
サクサクしてあっさりした身の味が程よく調和し絶品です。
さらに手でしぼると水がしたたり落ちるくらい水分が豊富
です。

大阪泉州 貝塚 水なす 和田福
水なすの由来
 

自然の恵みをいっぱいにうけて外側は鮮やかな紫色。
中は「はっ」とするほど透き通るような白。
それが「泉州の水なす」です。なすびは特に夏ごろ味が
良いので「夏味(なつみ)」と言われ、これが転化して
「なすび」となったと言われています。

ではなぜ「水なす」というのでしょう?
昔々、泉州のお百姓さんが農作業中、のどが渇いたときに、
畑の水なすを取って食べていたと言うくらい水分が多いから{
なのです。

さらに「水なす」は昔からぬか漬にして多く食べられています。これには理由があって「水なす」にはビタミンAが多く含まれているのですが、ビタミンAはきわめて不安定な物質で、空気にさらされると酸化され、特に光・熱に鋭敏に反応し分解されてしまいます。しかし「ぬか漬け」にするとビタミンAの酸化を防ぎ、効率よく吸収することができるのです。
ぬかにはビタミンEが大変豊富に含まれています。
ビタミンEには非常に強い酸化作用があり、他の物質の

酸化を抑制する働き(抗酸化作用)があります。
このビタミンEの働きによりビタミンAが酸化されにくくなると言う訳です。

と、言う事を知ってか知らずかはともかく泉州の人々は夏になると「水なす漬」を好んで食しているのです。

和田福の水なす
  ページトップへ